好き嫌いの心配がなく、毎日召し上がるお米は「日用品に近い食品」として、贈り物にもおすすめです。
●内祝いを贈る時期●
お住まいの地域の習慣などにもよりますが、1ヶ月から1ヶ月半ほどの間に贈るケースが多いようです。
遅くとも2ヶ月以内にはお渡しできるように準備されると良いと思います。

●内祝いの相場●
いただいたお品物や金額の1/3~1/2ほどが一般的と言われています。

●結婚式やお子様の写真入りギフト●
お写真入りのパッケージはご両親や、ごく近しい親戚の方々へのギフトにおすすめです。
使用後もパッケージを記念に残せますし、遠方ですぐにお披露目できない場合などに便利です。

一方で、親類ではない方からすると「実を言うと、処分するのに気が引ける・・」という声も聞かれます。
ご友人や職場の方へは日用品や食べ物など「消え物」が負担にならず、喜ばれるケースがあるようです。

栄養   玄米  保存  蒸らし  保管  害虫対策  炊き直し  土鍋炊飯  炊飯の水  シラタ  保存期限  ヌカ  カロリー  吸水  米研ぎ  1食単価  分付き米  白米  精米  雪室