買ったお米、封を開けなければそのままでも大丈夫と思っていませんか?
実はこれ、大きな間違いなのです!

真空パック以外のお米の袋には、空気が抜ける小さな穴が開いています。
これはスーパーなど、重ねて陳列する場合に袋が破けてしまうのを防ぐため
予め空気が抜けるような仕組みの袋になっています。(当然、お米が漏れない穴です)
このため、封を開けていなくても外の空気と呼吸していることになります。

常温での保存は、とくに夏季は害虫の成育を促すことになりかねません。
最適な保管は、密閉容器で冷蔵庫!

米びつでの予防としては、お米を使い切ったら容器のお掃除を。
古い米やヌカが残ったたままにしないことがポイントです。
わずかなヌカは、害虫にとっては嬉しいエサとなってしまいます。

温度や保存場所にもよりますが、長期間の保存ではほぼ必ず害虫は発生してしまいます。
逆に全く虫も付かないお米は、穂に農薬や殺虫剤が使用されている懸念もあります。

米に発生する虫は害はないので、取り除けば問題なく召し上がれます。
ちなみに、お米につく虫はパスタやマカロニも大好物。
それらも同様にきっちり密閉保管されることをおすすめします。

魚沼コシヒカリ 通販 吉兆楽トップへ